忍者ブログ

perfect beauty

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)



「 眼科では 視力低下を治す治療法は“ない” 」 ことに 気づかれた あなたへ…


数ある中からご覧いただき、ありがとうございます!

目のフィットネスクラブ 『 アイトレーニング視快研 』 九州・山口地区、育視(イクシー)グループの カスタマー本部を運営しております、視力アップ推進委員会の 出口 隆 ( でぐち たかし ) と 申します。

私は数年前、6歳の男の子に出会うまでは、全国35店舗 展開しており最先端の視力回復トレーニングセンター 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営していました。

そして、現在まで10年間に渡り、実践者の9割以上、延べ4,317名の 小中高生・大人の方が、一度低下した視力を、90日以内に 0.2 → 0.8以上へと回復され 卒業して行かれました。




あなたもご存知の通り、視力低下の原因の1つは、 眼疾患・先天的な目の障害ではない限り、 テレビ、パソコン、スマホ、携帯、テレビゲームや ニンテンドーDS、読書、絵を書く、など “モノを凝視し続ける”ことが原因です。

特に、物事に没頭しやすい “集中型” の方が なりやすい傾向にあります。

凝視し続ける。ということは、それだけ、目を動かす 眼球運動を行う機会も、まばたきの回数も減るため、次第に、肩こりのように 筋肉が収縮して固くなります。 他の体の筋肉と同じように、目の筋肉も 使わなければ衰え、機能も低下します。

実は、人間の目は、遠くのモノや 近くのモノを見るとき、高性能カメラのようにピントを自動的に調節し、被写体をクッキリ 鮮明に見えるよう働いているのですが、

その、ピントを調節しているのが “目の筋肉” なのです。

ですから、目の筋肉が凝ったり 疲れたり、衰えたりすると、ピントを合わせる調節力が低下し、被写体がぼやけたり、かすんで見えるようになり、さらに慢性化して 視力も低下します。


モノを見るには、目だけではありません。目から入った情報(色・形・大きさなど)を脳が 認識・理解して、初めて人はモノを見ることができます。

そのため、視力を回復させるには、目のピントを調節する筋肉と、
脳(右脳)の働きの両方を鍛えることが 必要不可欠なのです。

その2つを同時に、かつ、効率よく 鍛えられるのが、右の画像にあるナンバータッチのトレーニングです。 このトレーニングは、1分という限られた時間の中で数字を探し、1番から順番に 50番までタッチ
していく、スポーツ・ビジョン・トレーニングです。

眼球移動筋を鍛えるには 効果的な方法であり、眼の動きのコント
ロール能力を高め、効率よく眼を動かす力を 向上させます。あの、
日米通算4000本安打を達成 ( 2013.8.21 )した、世界的に
有名なプロ野球選手も取り入れているホド、効果の高い方法です。


>>> 楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)







PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R